本文へジャンプ

ホーム の中の 製品紹介 の中の その他の製品 の中の 工業用ヒーター の中の アルミ鋳込みヒーター

アルミ鋳込みヒーター

aluminum.jpg

概要

シーズヒーターをアルミニウム鋳物に鋳込んだヒーターです。

溶融したアルミとヒーターが完全密着して一体化してあり熱伝導性に優れ、温度ずれが少なく、熱分布の均一性も高いのが特長です。 アルミニウム鋳物の他に真鍮鋳物でも製造可能です。又、鋳型から製造いたしますので複雑な形状にも加工できます。(ヒーター電力、電源電圧、サイズ、・形状など仕様のお打合せが必要です。)

用途

押出機のシリンダー加熱、タンク加熱のほか、樹脂機械、食品機械、各種製造設備など幅広く使用されています。

許容ワット密度表

大きさ、容量はご要望により種々設計いたしますがヒーターの寿命の関係で投入ワット密度には制限を設けております。(許容ワット密度表参照)

※ワット密度とは

ワット密度とはヒーター容量(ワット数)をヒーター表面積で割った値で、単位表面あたりのワット数です。単位はW/Cm2で表します。
バンドヒーターのヒーター表面積は被加熱物に接触している面積、スペースヒーターでは片面の面積です。棒状のカートリッジヒーターやシーズヒーターなどはその全体の表面積です。 ワット密度が大きくなると表面温度は高くなり、ヒーター寿命は短くなります。

種類 被加熱物 許容ワット密度(w/cm2)
バンドヒーター 金属 4.0
スペースヒーター 金属 4.0
カートリッジヒーター 金属 8.0
シーズヒーター 金属 8.0
気体 3.0
8.0

 

ワット密度の計算式(ワット数の算出方法)

(例)内径φ150mm、幅50mmの1Pバンドヒーターのワット数の算出は
15(内径:Cm)×3.14(円周率)×5(幅:Cm)×4(ワット密度)=942となり ≒およそ900Wでの製作を推奨します。

お問い合わせはこちら

関連カテゴリ製品一覧

「その他の製品 > 工業用ヒーター」製品一覧


ページトップヘ戻る